秋に合わせた豆腐ステーキ

久しぶりに豆腐ステーキを食べました。
そろそろ、茸類が美味しくなってくる頃なので
きのこをソテーして、豆腐ステーキの上に載せてみました。
結構良いですよね、豆腐と茸は同じ調味料の醤油を使えるし
ご飯もなかなか進みます。
それと最後に少しだけバターを載せると風味がとても良くなります。
醤油とバターの相性も良いので、鶏肉で代用するのも良いかも知れません。

色々なバリエーションを考えたりしますが、餡かけの素を使ったり
海老チリのソースなども結構合うのです。
豆腐自体に味がない為、どのような食べ方でも良いかも知れませんね。

豆腐ステーキの作り方に関しては
まず、食べたい大きさに切ってから水気を取ってから軽い塩胡椒をします。
そして、片栗粉か小麦粉で衣を付けてからフライパンの上で焼きます。
カロリー摂取に気を付けている人は、テフロンのフライパンが良いですね。
焦げはある程度仕方がないにしても、油を少なく出来る利点があります。
工夫次第で色々な食べ方と作り方も出来るので、秋には面白いレシピです。